須藤早貴容疑者(ドンファン妻)の担当弁護士はだれ?佐藤大和氏?無罪は立証される!?


逮捕後、連日新情報が世間に公表されるなか、無罪を主張する須藤早貴容疑者の弁護士って誰?って疑問がひっかかりました。今回はその疑問について迫ってみたいと思います。

ドンファン事件の進展具合は?


「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助さん(享年77)が2018年5月に不審死した事件の後、引き継いだ会社の資金約3,830万円を詐取した疑いで、元妻の須藤早貴容疑者が詐欺容疑で告発されていたことが先月30日関係者の調べでわかりました。

告発者は野崎さんの知人男性で、会社の元監査役。和歌山県警は告発状を受理し、不審死事件との関連を調べているようです。

告発内容は?

須藤容疑者が野崎氏死後の18年7月、株主の同意も得ずに強引に野崎さんの会社の代表取締役に就任したことに対し、会社の全財産の権利を手に入れようとしたのでは?という疑い。

別に、同年8月、野崎さんの全財産は田辺市に寄付するとの遺言書があったことも分かっていますが、この事実を隠していた疑いもかかっているようです。

そこでふと疑問に思ったのが、

「こんな相続問題について一般的に20代の若い女性が単独で行えるものなのか?」

多少法律に詳しかったとしても株主役会や法定相続の手続きなどすぐに理解できるものでしょうか?

そこで過去さかのぼって、事件後当時メディアで注目されていたある人物を思い出しました。

メディアで注目!イケメン弁護士、佐藤大和氏の存在


今から3年前に須藤早貴容疑者の弁護士として就任したのは、イケメン弁護士で有名な佐藤大和さんでした。

甘いルックスを持ち、爽やかでスマートな紳士で、イケメンという言葉がピッタリな印象。

現在でもテレビや各メディアでコメンテーターとして出演したり、自身のYouTubeの投稿など”カリスマイケメン弁護士“という敬称で活躍されています。

当時コメンテーターとして出演していた情報番組『バイキング』で、「(同件に関し)慎重な対応をしてもらいたい」と語っていましたが、自身が担当している事案についてのコメントだっただけに、妙に違和感を覚えた印象が残っています。

実際に当時、そんな佐藤弁護士のバイキングの発言にこんな声も上がっていました。

「弁護士が判決もまだなのに(事件のことに言及)断定しちゃダメだろ・・・。」


また、当時佐藤弁護士は「野崎さんの死に妻(早貴容疑者)は関与していない!」と断言していましたが、現在のこの状況をどう読んでいるのでしょうか?

果たしてクライアント逮捕の現状下で、今回も代理人弁護士として関わっているのでしょうか?

その前に、佐藤弁護士が当時妻だった早貴容疑者の担当弁護士として就任するいきさつはなんだったのか?

佐藤弁護士は、主に芸能人やアスリートの訴訟事案に明るい方だったはず。

(早貴容疑者)本人より「直接依頼があった」とおっしゃっていましたが、やはり妻の過去の芸能活動(ビデオ出演)絡みでどこかで接点があったのではと推察も出来ますよね。

ところで、佐藤大和弁護士って?

佐藤大和弁護士とは?どんな人物?


生い立ちや使命感など素晴らしい人間性が垣間見えるんですが・・・


(3:55~)「生きてくためにはお金が必要」って妙に生々しく聞こえるんですけど・・・


この動画の話題に出てきた人物との関係性から容疑者とつながったんでしょうか?

今回も佐藤弁護士は関わっている?


今月2日、どの立場で出されているのかは不明ですが、たぶん法律家の立場として今回の一連の報道について見解を出しています。

須藤早貴氏の事件報道に関しまして レイ法律事務所

妻・須藤早貴(容疑者)は遺産を相続できる?


結論から言うと、法律上、もし有罪が確定した場合は早貴容疑者には相続権は無くなります。(当然か!)

ですが、早貴容疑者がもし無罪放免となり遺産を相続できるとすれば、いったい幾らくらいになるのでしょうか?

本来であれば元とはいえ、早貴容疑者は野崎さんの配偶者にあたるため、法定相続人となります。

報道によれば遺産は13億円くらいという記事もあれば、30億円を超えるのでは?とみる方もいます。

先ほど述べたように、法定相続人(配偶者)であれば2/1の相続権利があるので、少なくとも数億円を引き継ぐことになっていたはずです。

その莫大な遺産に目がくらんでしまったのか?

しかしながら、故野崎氏の残した遺言書の存在で、目下のところ田辺市と野崎氏の身内の間で係争中とのことです。

遺言書の内容は「全財産を田辺市にキフ(寄付)する」というもの。

早貴容疑者はこの莫大な遺産が目当てだったのではという見方が大半ですが、

これが本当に事実なら、結局早貴容疑者の当初からの目論見は水の泡。

焦って凶行に及んだのか?それとも・・・

警察の今回の逮捕の罪状は「覚せい剤取締法違反」ですが、「殺人容疑」までもっていけるのか?拘留期間中に証拠不十分で釈放なんてことにならないよう、「自白」口を割らせることが出来るのか、警察の威信にかけて当たってもらいたいですね。

もう1つ、警察が持つ「確たる証拠」=共犯者の存在は?も気になるところです。

他の弁護士の見解は?


橋下徹氏 ドン・ファン元妻の裁判の難しさ指摘「単なる疑いではダメ」

30日放送のフジ『バイキングMORE』で、元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が(須藤早貴容疑者の無罪立証について)仮に担当弁護士なら戦いようはあるかと問われ「大いにある」と言い切り、裁判の難しさを説明した。

MCの坂上忍から「橋下さんが、例えば須藤容疑者の担当弁護士になったとした時に、まだまだやりようはあるってことですか?」と聞くと、

橋下氏は「大いにある事件ですよ、これは」と即答。

「早貴容疑者が(覚醒剤を)野崎さんの口に入れたっていうところをどう立証するのか。(当時)現場に2人しかいなかったというが、ほかの可能性は本当に100%排除できるのかっていうことを、弁護人はどんどん可能性の話をやっていくから、それを全部否定するのは大変な作業だと思う。もちろん今、証拠をたくさん持ってると思うんですけど」

と、立証の難しさを丁寧に説明した。
引用:Yahoo!ニュース

ドンファン妻の告白「世間のイメージとの乖離」

さいごに、以前に早貴容疑者が番組『バイキング』の独占インタビューを受け、真相を告白していた動画がありましたので、載せておきます。

みなさんこれを観て、どうお感じになるでしょうか?

紀州のドン・ファンの妻に坂上忍がインタビュー①

紀州のドン・ファンの妻に坂上忍がインタビュー②

紀州のドン・ファンの妻に坂上忍がインタビュー③

視聴者の反応がこれ!

・「この人がやったとは何故か思えない」
・「ほかに黒幕がいそうな気がした」
・「犯罪犯すほど知的さも感じられないしなぁ」

など、彼女を擁護(?)するコメントもいくらかみられました。
もちろん、かといって彼女の印象が回復し、無罪では?と感じるワケではなさそう。

こちらもあわせてどうぞ↓
ドンファン妻(須藤早貴)の裏の素顔 お金がすべてだったのか!?

まとめ


今回は『須藤早貴容疑者(ドンファン妻)の担当弁護士はだれ?佐藤大和氏?無罪は立証される!?』と題して、逮捕後告発もされている早貴容疑者の事件後行動に対しての違和感から、誰が彼女をサポートしているのかの疑問に迫ってみました。

早貴容疑者の本当の顔は部外者の私たちにはわかりかねますが、独占インタビュー動画の彼女の話を聞くかぎり印象から、やはりどうしても単独で行動しているとは想像できません。

やはり彼女を操作している有識者の存在が見え隠れしますが、果たして佐藤大和弁護士は関わっているのか?謎のままです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする