須藤早貴が貢いだホストってだれ?歌舞伎町の”神の子”といううわさ【画像】


2018年に”紀州のドンファン”こと野崎幸助さんが謎の死を遂げた事件で、先日容疑者として逮捕された、元妻(嫁)の須藤早貴さん。

逮捕後、彼女の人物像としてビデオ出演やホスト遊び、素性を隠すための整形やドバイへ高飛び計画、そして事件の核心に関与する疑惑の覚せい剤購入まで洗いざらい調査で発覚していますね。

そこで今回は、須藤容疑者が結婚前からハマって貢いでいたという、歌舞伎町のホストクラブのとあるホストに焦点を当ててまとめてみます。

うわさでは5,000万ものシャンパンタワーまで使い、そのホストの気を惹こうとしていたといいます。
果たしてそこまで彼女をのめり込ませたカリスマホストとはいったいだれ?

須藤早貴が貢いだホストってだれ?


男も女もとかくお水遊びにはお金が要りますもんね~

驚くのが、須藤容疑者は学生の頃から出身地札幌のススキノで、ホスト遊びをくり返していたとか!?

その欲求は留まることを知らずホストの聖地”新宿歌舞伎町”まで。

「2020年5月ごろから、馴染みのホストクラブでよく見かけました。早貴さんは、歌舞伎町で “神の子” と呼ばれるカリスマホストがお気に入りで、相当貢いだようです」
引用元:SmartFLASH

「うちのバーに来てくれたことがあります。お金をバンバン落としてくれる、いいお客さんでした。彼女はお気に入りのホストを連れてきていて、“私の彼氏なのよ”って自慢げに紹介されましたよ」

そう話すのは、新宿二丁目にあるバーの店主。

金への執着を抑えることができない容疑者。その裏には、ひとりの男の存在が噂されている。それは冒頭に登場した、彼女と新宿二丁目のバーを訪れたあのホストだ。

「彼は歌舞伎町で有名なホストです。その彼が昨年から“もうすぐ店をやめる”と周囲の人に漏らしていた。“お金持ちの女の人に水揚げしてもらうんだ”って喜んでいました」(風俗業界関係者)
引用元:週刊女性PRIME

ローランドはとばっちり?新宿歌舞伎町カリスマホスト”神の子”と呼ばれている人物

このように須藤容疑者が入れあげていたホストがローランドという情報は本人が公式に否定しています。

ではいったい誰なのか?

“神の子”と呼ばれるホストの正体

調べたところ、2020年に匿名の投稿でこのような投稿がありました。

紀州のドンファンの嫁はそもそもKGに来てない。エアグルの桜木ハルだよ。
ローランドが有名になったからって歌舞伎町の事件全部をローランドに擦り付けてるの気持ち悪い。
あけしょーも桜木ハルも自分の罪は自分で償えや。
(※KG=KG-PRODUCE ローランドが在籍していたホストクラブグループ)
引用元:5ちゃんねる

いささか発信源が信ぴょう性に欠けますが、この投稿によると須藤早貴容疑者がハマって貢いでいたのは、ローランドさんではなくエアグルの桜木ハルさんという人物だとのこと。
(*エアグルとはエアーグループの略で、ホストクラブ業界でもトップクラスの質とホスト数を誇るグループのひとつ。)

桜木ハルとは

”桜木ハル”なる人物を調べるとすぐに公式サイトが発見できます。

桜木ハル公式サイト

2021年現在は、『 All-Black -(オールブラック)』というホストクラブで支配人をしている。

『職業、イケメン。』をキャッチフレーズとし、多数のイケメンが在籍する歌舞伎町屈指のクラブみたいです。

彼自身、めちゃくちゃイケメンですし、年齢もまだ20代と思われます。

どちらかといえば爽やか好青年といった印象。

桜木ハルツイッター(@bD6ymXCIZXxIBXo)

桜木ハルインスタ(@sakuragi_haru0413)

この投稿をInstagramで見る

桜木ハル(@sakuragi_haru0413)がシェアした投稿

ローランドさんも取り上げられている、ホスト専門の動画サイト。『HOST-TV.COM

活躍するホストに密着したドキュメンタリーや、バラエティ番組を多く配信しています。
Youtubeチャンネルもあります。

【AIR GROUP】カリスマホスト同士が分店による別れ。お互いへの最後の想いが語られる…

名前:桜木ハル(源氏名)
生年月日:1997年4月13日
身長:180cm
出身地:群馬県
在籍:歌舞伎町『ALL-BLACK-』
役職:支配人(2021年5月現在)

どうして”神の子”?

また、ホスト業界では”神の子”と呼ばれ、若くして伝説的な偉業も成し遂げるほどの人物だとか。

実績の数々

月間最高売上:3,200万
月間最高指名本数:175本
年間最高売上:1億8,000万、
3年連続年間1億&1,000本突破
年間店舗売上、指名本数共に3年連続No.1など

という風に、ホスト業界では輝かしい(?)実績を持つカリスマだそうです。

そんな彼に選ばれたいと熱望する須藤容疑者の女の性だったのか?

須藤早貴(すどうさき)容疑者の資金源は?


野崎幸助さんとの出会いもそうでしたが、須藤容疑者は以前から交際クラブを利用し、客(パパ)からお金をもらって生活していたのではという話も出てきています。

自称モデルや親の稼業の手伝いなどと、セレブぶりをまわりに吹聴していたようですが、つまりは愛人稼業で生計を立てていたのではないかと思われます。

また、すでに本人だと特定されてしまったビデオ出演(5作出演)も、手軽に報酬を得られる手段として、彼女自身が味を占めてしまっていたのではないでしょうか?

「彼女はいくつかのAVメーカーとコンタクトをとっていて“またアダルト作品に出演させてほしい”と言っていました」
引用元:週刊女性PRIME

事件後もどうやら彼女はビデオ出演で稼ごうとアプローチしていたようです。

どうしてそんなにしてまで金が必要だったのか?

「お気に入りのホストにせっせと貢ぐために、女という武器を使って富裕層から大金を得る。」

この構図は実に短絡的な金に取りつかれた発想ですね。

果ては見栄と欲から歯止めが利かず、凶行に及ぶまで見境が無くなってしまったと、素人でも容易に想像が付きます。

SNS の反応

・「紀州のドンファン」元妻須藤早貴 AV出演、パパ活、ホスト「自己承認欲求の沼」

・田舎女が都会に出て、ブランド物に身を包み、ホスト遊びでAV出演も厭わず、パパ活で得た港区女子の末路が、覚醒剤所持&殺人か…。

・ドンファンの妻、インスタの豪遊写真、avに出演して動画1位、整形、駐車場でホストにシャンパンタワー尽くしてぶっ飛びすぎ!

まとめ

今回は須藤容疑者が結婚前からハマって貢いでいたという、歌舞伎町のホストクラブのあるホストについてまとめてみました。

どこまでが真実なのか、想像の範囲で特定はできませんが歌舞伎町で名の売れた”桜木ハル”というカリスマホスト。彼は今回の事件に関与していたのか?

次々に明かされる須藤早貴という人物の素顔。

あまりに思慮に欠いた分かりやすすぎる思考や言動。

もし今回の主犯と見られる彼女の動機が、まさにこのホストに貢ぎ続ける資金調達の為の遺産狙いだったのなら。

金持ちの道楽とはいえ本当の愛を欲しがって結婚までした野崎幸助さんが浮かばれませんね・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする