メルカリ、顧客情報など2万7千件流出!個人情報悪用が怖いけど大丈夫!?


メルカリでアプリ利用者の個人情報(顧客情報)が一部流出したようです!

現在まだ調査中で悪用の被害は確認されていないとのことですが、過去の事例から当アプリ利用者の個人決済に登録した情報からたどって、クレジットカードや預金口座からの不正引き出しなどの被害の可能性も考えられます。

メルカリには早急にセキュリティシステム改善の手を打ってほしいですね!

詳しい内容は以下のとおりです。


フリマアプリのメルカリが今月21日、当社が利用している外部サービスがハッキングで不正アクセスを受けたとの報告がありました。

ダウンロード数8,000万超、日本国内の利用者数は月間1,755万人。累計出品数は20億品を突破のフリマアプリ業界最大手の『メルカリ』

アプリの利用者の氏名や銀行口座番号、同社従業員の氏名など約2万7千件の情報が流出したもようと発表。

主に、アプリサービス内での個人売買の売上金の支払いの際に使う利用者の『口座番号』や、スマートフォン決済「メルペイ」に加盟する個人事業主の『氏名』など個人情報。

また、メルカリの従業員の氏名や電話番号なども。

現時点で悪用の被害は確認されていないとしていますが、ヘビーユーザーの方は心配ですよね。

メルカリが公式で発表した被害の見解によると、同社が利用する外部サービスが不正アクセスを受けたことに伴い、ソースコードなどを共有するサイト「GitHub(ギットハブ)」に保管していたメルカリの顧客情報も流出。

同社の方針ではこのサイトに顧客情報を保管しないとしていたが、一部運用の漏れがあったとのこと。

メルカリプレスリリース

「Codecov」への第三者からの不正アクセスによる当社への影響および一部顧客情報等の流出について
↓こちらから↓
https://about.mercari.com/press/news/articles/20210521_incident_report/
「顧客情報の流出」に関する事務局へのお問い合わせ方法
↓こちらから↓
https://www.mercari.com/jp/help_center/article/1159/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする