DaiGo発言に対する世間の反応への違和感 炎上を楽しむ風潮への是非

メンタリストDaiGoさんは本当にただの炎上系Youtuberなのでしょうか?

連日、メンタリストDaiGoさんの発言に対し、多方面から物申す的な報道がなされているようですが、どうにも例えようのない違和感を覚えてしまいます。

DaiGo発言 炎上覚悟で社会の本質(闇の部分)に切り込む!?

たしかに日本国民に与えられている「表現の自由」の範疇から逸脱した発言ではあったものの・・・

ただの炎上商法だったのか!?


すべてが計算ずくで世論が騒ぎ立てるであろうこともシナリオ通りで、謝罪投稿もありきだったとするなら、それこそ危険極まりない思想だと思うのですが・・・

それこそ、もし炎上商法だというのであれば、某有名人も語っていた通り、あえて無視すればいいという意見には賛成です!

本人も認め謝罪しているとおり、使用した言葉が慈悲もない偏見思想感を含む言い回しだったことは事実ながら、

だからといって、今のネット社会の風潮というか言論の自由を逆手にとってというか、匿名での容赦ない個人への誹謗中傷攻撃について、これこそが真実を歪め問題をうやむやにしてしまう最大の悪の根源ではないのか?という恐ろしさ。

まさに現代における言いようのない闇を感じずにはいられません。

DaiGo発言によるネット民の賛否の声

批判の声

擁護の声

同意的な声

DAIGO発言に対しての世間の反応を考察

個人的見解ですので、一個人の感想だと受け流していただきたいのですが、

いろんな事情で不本意ながら生活保護者やホームレスになってしまわれる方が全国にいらっしゃる。

そしてそういった方々に対して「落伍者」などと非難するつもりも毛頭ないのですが、

現実、我々の血税を有効利用した社会的弱者救済という理念のもと、我が国の崇高な制度を悪用している輩がいるのもまた事実なのです。

(「そんなことは分かってる」そうですね。)

ですが、不思議なことに国も国民もここについてはあまり積極的に触れたりはしない。他岸の火事というか・・・

割合的にどれくらいなのかと問われると、ほんの一握りなのかもしれませんが確実に一定数はいるのです!

ここに対してメスを入れるという意味での今回のDaiGoさんの発言ならば、賛否あろうかとも思いますが決して一方的に糾弾されるべきではないのではと個人的には感じます。

もちろん、言葉の使い方には問題があったとは多分に感じますが。

彼のパーソナリティを十分に理解したうえで、炎上商法だったのか正直分かりません。

失言に対し一方的にただ吊るし上げ、晒しものにするだけじゃなく、この機会にマスメディアのあり方や国の制度の在り方、今回の一件は毎度ながら多くの国民が冷静に考えるべき一石を投じる機会にするべきと切に感じます。

今回のDaiGoさんの一件然り、ただ「許さない!こんな奴社会から抹殺しようぜ」的な風潮には全面的に反対です。

そういった意味で議論するのにツイッターなどは使うべきと思うのです。

ただの賑やかしの薪をくべるような行為と変わらないヘイト連中は、そういう専門チャンネルでだけで行っていただければよいかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする