斎藤真悠の男児遺体遺棄、隠ぺいの意図明らか!?動機は?父親は誰?通報者とは?事件概要(自宅、SNS)

9月2日(木)埼玉県川越市にあるアパートで男の赤ちゃんの遺体が発見され、死体遺棄の疑いで母親とみられる女(26)が逮捕されました。

事件発覚!発端は『子供の行方が分からない…』

9月2日警視庁八王子署に入った「知人の彼女が出産したかもしれないが、子供の行方が分からない」という通報。

うつむき加減で警察署から検察庁へ身柄を移される斉藤真悠容疑者(26)。埼玉県川越市の自宅アパートに赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いで、9月2日深夜に逮捕された。

引用元:FNNプライムオンライン

通報を受け、埼玉県警が川越市内のアパートに住む斎藤真悠容疑者を訪問。

警察官が斎藤真悠容疑者に赤ちゃんの行方を尋ねると、斎藤容疑者が自ら案内した自宅クローゼットの中にあった衣装ケースの中に、赤ちゃんの遺体が少し腐敗している状態で発見されました。

調査により、斎藤容疑者は産んだ後、男児の遺体をプラスティック製の衣装ケースの中に入れ、上から洋服を敷き詰め隠していたことがわかりました。

遺体は衣服を着ておらず、生まれた時期や死因などは分かっていません。

赤ちゃん遺体遺棄事件、動機は何?父親は誰?


まずはじめに、斎藤容疑者は結婚はしていなかったとのことです。現場となったアパートで男性と2人で住んでいたそうです。

同居の男性の証言では「いつ生まれたのか分からない」と言っているようですが、

幼い赤ちゃんの遺体が遺棄されたこの事件、逮捕された女(斎藤真悠)は大筋で容疑を認めており、「赤ちゃんは自分が産んだ」と供述しています。

警察は赤ちゃんの身元を確認するとともに3日に司法解剖を行い詳しく死因などを調べているようです。

現時点では調査中とのことで特定はされていませんが、いずれ動機や隠ぺいの意図などははっきりとするでしょう。

また、父親とみられる人物についても、同居していた男では?という声が多いようですが、特定までは至っておらず調査のなかであわせて調べる見込みのようです。

ネットでは男性のこの証言に「ありえない」と疑問を持つ声も多く見られます。

川越市大塚、斎藤容疑者の自宅アパートはどこ?

斎藤容疑者と同居の男性が住んでいたとされる自宅アパートは川越市大塚2丁目「アヴァンサール」です。

交通アクセス:西武新宿線 南大塚駅から徒歩22分、東武東上線 川越駅から徒歩22分

駅からはやや距離があるので車がないと不便な立地のようです。
周辺に大きな施設などはなく、比較的静かな住宅地のようです。

住んでいたとされるアパート2階の間取りは「2DK」。(和室6畳 洋室5.5帖 ダイニングキッチン5.2帖)

1995年2月建築、築27年の6戸の鉄骨アパートです。

斎藤真悠容疑者の顔画像や経歴は?


逮捕された斎藤容疑者について、逮捕時のマスク姿で連行されている画像は出回っていますが、顔画像が判明しておらず、SNSでも本人のものと特定されたものは分かっていません。

また、子どもの父親の存在についても現時点では判明していませんが、第一報にある通報者からの「知人の彼女が・・・」という内容から、同居していた男性か、もしくは別の男性の存在のどちらかがあきらかになるのも時間の問題でしょう。

凄惨な親による殺害&遺体遺棄事件、ネットや世間の反応は?

近年、こうした赤ちゃんの遺体遺棄事件は大きな社会問題ともなっていて、年々増え続けており世間から注目が集まっています。

・色々謎だけど、妊娠は一人じゃできない。必ず父親がいるのに、生んで隠した女性だけが死体遺棄容疑で前科者になるのはオカシイと思う。

・異常だよ、この状況は。そしてこういう場合、女性ばかりの責任にされてるように思うが、父親となる男にも同様の罪はある。

・これ、同居男性もおかしいのでは?気づかないはずはないだろう。

・この男が父親なのかはたまた別の男が父親なのか?

・衣服と一緒にって・・・
同居男性も、お腹がぺちゃんこになってて気付かなかったは無いだろ・・・

・亡くなった赤ちゃんはこんな人たちの元に生まれてしまってかわいそう。

・大変な痛みを乗り越えて出産したなら、せめて救急車呼んで、赤ちゃん守ろうよ。育てるの無理なら養子に出すとか行政に相談したりさ。命守る方法考えてほしかった。

・こういう人って妊娠中もトラブルもなく安産でするんと産める体なのかな。
どう考えても陣痛→出産→胎盤処理など1人で出来ないです。
出産ってまったく1人で出来るものなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする