3歳児に熱湯をかけ殺人した男が逮捕!ヤバすぎる鬼畜の所業で非難必至!!【画像】

大阪でいたましい事件が起こりました。犯行は筆舌に尽くしがたい鬼畜の所業!!

犯人はこんな年端もいかない幼児になんてむごい蛮行を働いたのでしょうか・・・

もちろん報道を受け極刑を望む声が多いようですが、今回は詳細についてまとめてみます。


熱湯かけられた3歳男児が死亡 殺人容疑で母親の交際相手の男を逮捕(2021年9月22日)

大阪府摂津市のマンションで今年8月、交際相手の息子だった新村桜利斗(おりと)ちゃんに熱湯を浴びせて殺害したとして、府警は今月9月22日、同府羽曳野市南古市、無職松原拓海容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。

松原拓海容疑者顔画像が特定!

その後の調べでは、

今年5月ごろに母親が、男から長男が暴行を受けていると摂津市に相談をしていたことも判明。

男は調べに対し、容疑を否認している。

結果的に市と府警とで情報共有がされず、事件を未然に防げなかったことも分かっている。

3歳児熱湯殺人の事件詳細について


府警によると、亡くなったのは、松原容疑者が交際していた20代女性の長男で、保育園児の新村桜利斗(にいむら・おりと)ちゃん=当時(3)。

死亡原因は全身に重度のやけどを負い、特に上半身の皮膚は大きくただれた状態による急性ショック死だったと思われる。

逮捕容疑は今年8月31日午後、摂津市鳥飼本町のマンション一室で、桜利斗ちゃんに熱湯を浴びせるなどし殺害したとみている。

事件現場となったマンションは調査したところ、「エリータ鳥飼」であることが判明しました。
「エリータ鳥飼」住所:大阪府摂津市鳥飼本町5丁目16-37

事件は31日午後4時50分ごろ、外出中の母親から電話で促された松原容疑者が「浴室内で男児が呼吸をしていない」と自ら119番通報して発覚。

警察が駆けつけると、桜利斗ちゃんはすでに心肺停止の状態でリビングに倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

松原容疑者は逮捕前の府警の事情聴取で、

「男児の体を洗うために風呂場に連れていった。シャワーの温度を徐々に上げる遊びをしていたが、子供に当たるようにはしていない」

などと説明していた。

大阪府警は、松原容疑者が桜利斗ちゃんを押さえつけ、熱湯を浴びせたとみて調べている。

松原容疑者は「熱湯を故意に浴びせていません」と現在も容疑を否認しているという。

松原容疑者と被害者との関係

松原容疑者は昨年10月ごろ、シングルマザーの20代女性との交際を始め、今年5月ごろから現場となったマンションで3人暮らしをはじめた。

事件当時、桜利斗ちゃんの母親は外出していて、部屋には桜利斗ちゃんと松原容疑者の2人だけだったという。

犯行状況からいわゆる密室殺人の可能性も!

女性から市へ虐待の相談をしていた!?

府警によると、今年5月には、女性から「(松原容疑者から)男児がほっぺをたたかれた」と相談し、対応を求めていたという。

母親は5月初旬、「交際相手が子どもに手を出した」と相談していたが、松原容疑者が市側に「もう手を出さない」と約束していたという。市の担当者は「緊急的な危険があるとは考えていなかった。対応に問題はなかった」と話した。

摂津市などを管轄する大阪府吹田子ども家庭センター(児童相談所)の担当者は「個別の事案については個人情報の観点から回答はできない」としている。

子供の『ギャー』と叫ぶような声

同じマンション住人の40代女性は事件当日について、

「子供の『ギャー』と叫ぶような声が2回聞こえて、何事かと思った」
「子どもの泣き声が夜によく聞こえていたので、心配だった」

と当時を振り返る。

大勢の救急隊員らが駆け付け、救急車で人工呼吸や心臓マッサージを施していたという。

近所の男性(60)は、

「男児が救命処置を受けている間に、母親らしき女性が慌てた様子で帰ってきて、その場にいた男に『あんた何したん』と怒っていた。おかしいなとは思っていたが、まさか虐待だったとは」

と驚いた様子だった。

事件に対するコメント(ネットの声)

・シングルマザー+内縁の夫(または交際相手)の似たようなトラブルが多すぎる。

・立派な殺人です。虐待という言葉は使わないで欲しい。

・言葉を失う残酷さ、、、痛かっただろうに、苦しかっただろうに、、、

・なんでそんな卑劣なことができるんだろう。亡くなった男の子はきっと泣き叫んだと思う。

・男は当初、「いたずらで風呂場にいた男児を驚かせようと思い、水温を60度まで上げた」と説明していたとのこと。

・事件当時、住民が男児の「ギャー」という叫び声を2回も聞いているとのこと。

・遺体の損傷状況などから、警察は死に直結する高温だったと認定した

・子供への暴行は、厳罰化すべき。

今後新たに情報が明らかになり次第、追記していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする