森高千里の若い頃と現在 画像比較を時系列で検証/変わらぬ美貌とスタイルは健在!


歌手の森高千里さんといえば、90年代アイドル的存在として芸能界で一世風靡し、代名詞でもあるミニスカと美脚、そしてヒット曲『私がオバサンになっても』が、今でもファンが記憶する彼女の魅力ですよね♪

第1線から一度は引き、結婚出産を経て見事カムバックを果たし、メディアへ出れば「奇跡の〇歳」と多くの女性が狂喜し美の秘訣を知りたがる、というアラフィフとなった現在も芸能界で美しく輝き続ける存在。

今回は、そんな森高さんの若い頃と現在を、経歴を交えて画像や映像(動画)でどれほど変化しているのか検証し、歌手・森高千里を思い返してみたいと思います!

森高千里の若い頃(デビュー当時)から現在(2021年)まで時系列で比較検証した

ここからは森高千里さんの美しさが分かる画像を、経歴を交えてデビュー当時から時系列順に見ていきます!

幼少期から地元熊本で育った森高千里さん。

ミュージシャンだった父の影響で、早くから音楽への興味は人よりあったそうです。

1987年 コンテストでグランプリ♪映画ヒロインと歌手デビュー

当時17歳だった森高さんは、1986年に「第1回ポカリスエットイメージガールコンテスト」でグランプリ受賞。

翌年の1987年、映画『あいつに恋して』のヒロイン役で初主演し、タイアップ曲シングル『NEW SEASON』で歌手デビューも果たします。



高校時代からバンド活動をしていたこともあって、曲作りも手掛けその斬新な歌詞が評価され、次第に歌手活動がメインとなっていきます。

1989年にリリースした『17才』で、当時ではインパクトのある超ミニスカートの衣装と、長い美脚を惜しげもなく見せるスタイル、そして独特な歌詞が見事に男性ファンの心を掴み、一気にブレイクします。

それからは人気もうなぎのぼりで、ガール系ポップアイドルの一角として注目を浴びます。

また、ドラムの腕前や作詞の才能も開花させ、和田アキ子さんなど大物歌手へも楽曲を提供しています。

さらに、森高千里を歌手として不動の地位にまで押上げた代表曲が生まれるのです!

1992年 『私がオバさんになっても』のアルバムが大ヒット

代表曲『私がオバさんになっても』を皮切りに、『渡良瀬橋』『私の夏』『気分爽快』『ララサンシャイン』など次々にヒット曲を叩き出し、それに伴いファンも急増。

その年から6年連続で「紅白歌合戦」にも出演。

その波に乗って1994年には全都道府県制覇ツアーも見事成功させます。

森高千里の若い頃と現在 画像で検証

アイドル全盛期の若い頃と現在の彼女はどれほど変わったのでしょうか?
上の画像、左はアイドル時代で右は現在(50歳)の森高さんです。

驚きですが、足のラインといいほとんどプロポーションは変化なしと言っても過言ではないでしょう!

では、アイドル的存在としてブレイクした後の経歴を振り返ってみます。

1999年 江口洋介と結婚・妊娠 母となる

歌手活動も順調にしていた森高千里さんは、1995年ごろから付き合っていたという人気俳優・江口洋介さんと結婚し、同時に妊娠も発表します。

森高千里と江口洋介のなれそめ

2人の出会いは、森高さんのラジオ番組「千里の道も1歩から」で江口さんがゲスト出演したのがきっかけでした。

当時のお互いの印象は、江口さんは森高さんのことを「話していて安らげる」、森高さんは江口さんについて「一緒になったら楽しそう」と、どちらも好印象だった様子。

それからしばらくして1995年にとあるイベントで再会し、お互いの気持ちが分かり交際へと進展したんだとか。

のちに週刊誌によって2人の熱愛がスクープされます。

それから4年ほどの交際期間の末に、1999年6月、森高さんの妊娠が発覚したことをきっかけに結婚を決意します。

ちなみに挙式は森高さんの体調を気遣って挙げられていないようです。

当時はどちらも人気者同士で、とても理想的な夫婦の姿が世間の注目を浴びていましたね!

森高さんはその年を最期に、育児に専念するために芸能界の第一線からは退きます。

その後、2000年に娘(長女)を出産、さらに2002年に息子(長男)を出産しました。

2000年代 母の顔とアイドルの顔を持つ森高千里の子どもたち

2人のお子さんに恵まれ、一般人と同様に子育てに追われていた森高さん。

現在、お子さんは2人とも大学まで進んでいるそうですが、親として積極的に学校行事なども出席されていたそうです。

仲良くカラオケに行かれたりもするそうで、親子仲も良さそうなプライベート画像も撮られています。

お子さん2人ともに顔はもちろん分かりませんが、親の遺伝からしてもたぶん美女とイケメンなんでしょうね♪

まさに理想の夫婦像として、2004年には旦那の江口洋介さんとカレーのCMで夫婦共演したことも大きな話題となっていました♪

10年ぶりに公の場で歌を披露(2009年)

2009年11月に稲垣潤一さんと「雨」をデュエットで披露し、公の場では10年ぶりに歌を披露した森高千里さん。

素敵な歌声はもちろんのこと、若い頃から変わらぬ美貌も大きな話題となりました。

本格的に歌手活動を再開!デビュー25周年を機に

歌手デビュー25周年にあたる2012年、YouTubeチャンネルなどに公式ページを公開し、本格的な歌手活動を再開。

徐々にメディアへの露出も増えていき、歌手・森高千里を復活させます。

2015年からは毎年恒例となる音楽番組の司会も担当。

変わらぬプロポーションは健在!歌手デビュー30周年


2017年には歌手デビュー30周年記念ライブを開催し、全盛期の彼女のアイコンとも言えるミニスカ足だし衣装なども披露し、変わらぬプロポーションはまさに健在と、世間に見せつけました!

全国ライブツアーも敢行(2019年)

2019年からは、ファンには待望の森高千里さんにとっては21年ぶりとなる全国ライブツアーを行います。

久しぶりのツアーは大好評でしたが、コロナウイルスのため一部公演が中止に。

やっと再開の運びとなった様子。良かったですね♪

オバサンじゃない?森高千里の現在

・「こんな綺麗な50代はいない」
・「とても50過ぎには見えない」
・「ファンになってから三十数年、相変わらず素敵ですね」
・「短いスカートも若い娘にゃ負けてないし、中々おばさんにならないっすね!」

と、ファンも狂喜する変わらない美貌。

上の映像はアイドル時代の当時の美しさは変わらず、年齢を重ね大人の魅力も増した森高さんの現在のお姿です。

美脚は健在!な森高千里

プライベートでは、たびたび仲睦まじい様子がスクープされており、芸能界でおしどり夫婦として円満なようすが分かります。

世の女性も憧れる森高千里の美の秘訣とは?


「余計なことを考えなくていいから、ヨガや水泳が好きなんです。体を動かすのがリラックスになるんですよ。プールに行けば、1キロくらいは泳いでいるんじゃないかな。始めるときは辛く感じても、続けていると体も心も軽くなる瞬間があるんです。疲れたなと思ったときに、お風呂の中で潜ったりもするんですよ(笑)。周囲の雑音が遮断されて頭をクリアにリセットできる感じがします」
引用元:VOGUE JAPAN

もともと持つポテンシャルは置いといて、世の多くの女性も経験する結婚、出産、育児を経てもなおその美しさを持続させる秘訣は、やはり運動にあるようですね!

まとめ

いかがでした?「私がオバサンになっても・・・」と歌っていた彼女からは想像もつかない、人気だったあの当時から全く変わらない美貌には驚かされました!

細かい部分は知りませんが、もちろん不断の努力もあるのでしょうが、これだけの美貌をキープ出来ているのはたぶん公私ともに充実した生活を送ってこられた賜物ではないでしょうか?

旦那の江口洋介さんも渋みを増して素敵な俳優さんですが、ファンとしてはいつまでも変わらぬ森高千里さんが観られることは幸せですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする