ビールを飲むと太る はウソ?

暑い時期になるとビールがおいしいですよね!のどを鳴らしながらキンキンに冷えたビールをグイグイ流し込む。
これぞビール好きには至福の瞬間です。

たとえば新社会人のみなさんは、仕事や環境にも慣れてなにかと宴席でお酒の機会が増えてくる時期じゃないでしょうか?
サラリーマンのおとうさま、おねえさま方も美味しく飲める時期がやって参りました!!

お仕事帰りにちょっと一杯とか、お風呂上りにとかでついつい量も増え気味になりそう。

だけどみなさん、忘れてませんか~? お酒の量と一緒に体重も~ 増えていきそう・・・

そこで今日はちょっと気になる。いや、かなり気になる「ビールについてのうわさ」について書いてみたいと思います。

ビール腹を防ぐには

ビールを飲んでも太らない。ビール好きには夢のようなとっておきのコツがあります。

それは何かと言いますと、いっしょに食べるおつまみの選び方をほんの少し工夫するんです。

たったそれだけでビール好きにとっての悩みのタネであるビール腹からオサラバ出来るんです。

もちろん、「そんなの気にしてたら酒が不味くなる。」とおっしゃる方は結構ですが、ビール好きの女性陣には、なかなかほっとけないネタじゃないでしょうか?かなり気になりませんか?

おつまみ選びが大事

ビールはどんなおつまみとも相性が良いお酒と言えるんではないでしょうか。

なかでも代表的なものでは、唐揚げ、ピザ、焼き鳥はもちろん、枝豆、豆腐もビールとならおいしくいただけますよね。
そのため、ついつい食べ過ぎてしまうなんてことも。

これこそがビール腹をつくってしまう最大の要因なのです。

そこで、ビールを飲むときは次のことを意識したおつまみを選びましょう。

<低カロリー・高タンパク質>

低カロリーであるということは、量を気にしながら食べるというストレスからまず解放されます。いちいちカロリー計算しながら食べて美味しく感じるんでしょうか?

高タンパク質であることは、お酒の害から肝臓を守ります。

ご存知の方も多いと思いますが、体内でお酒を処理する内臓器官は肝臓です。

肝臓が体内に入ってきたアルコールを分解するときにはそのタンパク質を必要とします。

肝細胞がお酒のアルコールを解毒分解するためには多くのタンパク質が必要となるからです。

ビールを飲んでも太らない3か条

1.二日酔いになるほどの量を飲まない!

肝臓が分解できる量を超えたお酒のカロリーは、おなか周りの脂肪になります。

2.低カロリーのおつまみを選ぶ!

量を気にしながら食べるとストレスになるので、カロリーが低いものを食べる。

3.高タンパク質のおつまみを選ぶ!

タンパク質はカロリーを体温として発散してくれる。

まとめ

これから気温も上がりビールがとてもおいしく感じる時期です。
ダイエットや病気のことも気になりますがどうせ飲むなら美味しく気兼ねなく飲みたいですよね!
ビールに合わせるおつまみや飲み方をちょっと意識して工夫すれば、カロリーも脂肪も怖くないですよ。これから少しずつ変えてみてはどうでしょうか?

薄着になる時期でもありますし、そろそろビール太りとおさらばして、紳士淑女のみなさまはスマートにお酒をたしなみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする