【無職転生】獣族(ドルディア族)を解説!ケモ耳(獣耳)種族のキャラや特徴など


今回は無職転生に登場する“獣族”に注目し、種族特徴など解説していきます!

主要キャラでは元「黒狼の牙」の剣士・ギレーヌがいますが、物語が進むにつれほかにもルーデウスと深く関りをもつ人物がたくさん登場してきます。

そんな獣族とはいったいどんな種族なのでしょうか?

【無職転生】獣族を解説!種族や特徴


無職転生の獣族とは、いわゆる“ケモ耳(獣耳)”や尻尾といった犬や猫など哺乳動物の特徴を体の一部に残している、見た目は人間に近い種族のことです。

しかし、人間にはない高い敏捷性や筋力、特殊な五感を持つなど動物が持つ能力を持っています。

獣族は主に大森林(ミリス大陸)に多く住んでいますが、中央大陸やベガリット大陸といった地域へ移り住む者もいます。

そういえばフィットア領ボレアス家にもメイドとしてたくさんの獣族が従事していましたよね!

なかにはギースの出身のヌカ族のように、魔大陸に渡り魔族と呼ばれるようになった種族もいます。

人族に次いで数が多くミリス神聖国と戦争が出来るほどの一国家に匹敵する武力を備えています。

獣族はドルディア族が主家で犬系や猫系にわかれる


獣族は基本的にミリス大陸北東部にある大森林の一部を縄張りとしていて、獣族の主家はかつてラプラス戦役の英雄、獣神ギーガーの末裔であるドルディア族です。

人魔大戦において人族から獣族を守ったリーダーだった獣神がドルディア族であったことから、今でも獣族のトップを代々ドルディア族が治めているようです。

ドルディア族はさらに、猫の特徴を持つデドルディア族と、犬の特徴を持つアドルディア族に分かれます。

このドルディア族の主な役割は、聖獣と呼ばれる大森林の守護魔獣を守護することで、この二族がその役目を担っています。

デドルディア族

デドルディア族は猫の特徴を持つドルディアの主たる猫(系)一族。

現在族長を務めるのは、ギレーヌの父ギュスターヴが全域を治めています。

次期族長は息子のギュエスでギレーヌの兄にあたります。

作中で、わけあってこの村に訪れたルーデウスらデッドエンドによって、ギレーヌとの関係や所在など明らかになりました。

また、のちにルーデウスが入学した魔法大学で、ギュエスの近親者(娘)とも深いつながりができることになります。

アドルディア族

アドルディア族は犬の特徴を持つドルディアの主たる一族。

現在は族長のいるデドルディアの補佐的立場で、ともにドルディア族として聖獣を守護する犬(系)族。

デドルディア族や他の獣族と比べ、人に撫でられることが好きです。

ルーデウスが魔法大学在籍中、プルセナ・アドルディアはたびたび、仕方なくといった体ででルーデウスに撫でられていました。

聖獣とは?


大森林の奥深く聖樹が張る結界内で生まれ、言い伝えで救世主とともに100年後に起こる災厄からこの世界を救うとされている魔獣。

獣族は種族の安寧のためこの聖獣に忠誠を誓い守護している。

ちなみにネタバレすると、今世代の救世主とはルーデウスとロキシーの娘、ララがその人です。

【無職転生】獣族の文化や特徴(習性)は?縄張り意識のボス社会


見た目はほとんど人族のような獣族ですが、動物に近い文化や特徴(習性)といった異なる点もあります。

人間にはない動物によくみられる習性で、つがいを求めて決闘を行う発情期があったり、縄張り意識や主従関係は絶対で群れ社会を作りたがる志向など、ほとんど動物のそれです。

ほかにも謝罪として土下座の代わりに腹みせの服従のポーズがあるなど。

獣族の使用言語は「獣神語」


この世界では人族とくらべて文明的にやや劣る亜人族は、全体的に知能より力が重視される社会のようです。

そのかわり、筋力や魔力、動物が持つ優れた五感などの面では人族よりもおおむね優れているという傾向があり、基本コミュニティの統制は動物の世界に近い力の強いボス(族長)を主とした村社会でまとめられています。

とはいえ文明的な一面もあり、獣族は仲間同士のコミュニケーション手段として“獣神語”という独自の言語を使用します。(逆に獣族で人間語を理解する者はごく少数のようです)

獣神語は主に大森林を生息地(縄張り)とする獣族のほか、長耳(エルフ)族、炭鉱(ドワーフ)族、小人族なども使用する言語で、他の言語とくらべると文字数が少なく難しい言い回しもないので習得は簡単なよう。

作中でもルーデウスがボレアス家で、ギレーヌから獣神語を学び、ほかにも独学で魔神語も習得してましたよね。

獣神語を使う種族は少数で、これらの集落以外ではほとんど使う機会はないようですが、ちょうどルーデウスがザノバと一緒に人形制作のための炭鉱(ドワーフ)族の奴隷を探していた時、少女(ジュリ)の会話に獣神語が役に立っていました。

【無職転生】獣族はケモ耳(獣耳)フレンズ!ちょっとおバカ(?)な種族だった!?


獣族のなかでもとくにドルディア族は、英雄ギーガーの末裔という誇りをもつ一族ですが、後継者候補の出来の悪さがやや目立ちます。

将来を憂いて現族長(ギュスターヴ)は、彼らに学びの機会を与えているようですが・・・

ドルディア族の未来を背負う主要人物を紹介します。

【無職転生】獣族キャラ一覧(人物相関)

・デドルディア家
族長:ギュスターヴ・デドルディア
息子:ギュエス・デドルディア(ギレーヌの兄、リニアーナとミニトーナの父)
娘:ギレーヌ・デドルディア(ギュエスの妹、リニアーナとミニトーナの叔母)
孫:リニアーナ、ミニトーナ

・アドルディア家
姉:プルセナ
妹:テルセナ

ギュスターヴ・デドルディア


デドルディア族の族長でギュエスとギレーヌとの父。

数十年前の人族との戦争にも参加した老戦士。

実子であるギュエスとギレーヌの出来の悪さから将来を危惧し、次世代の族長候補のリニアとプルセナをラノア魔法大学に留学させた。

ギュエス・デドルディア


ギュエスの息子でギレーヌの兄。デドルディア族の戦士長で次期族長候補。

村を捨てた妹を侮蔑し、一人でドルディアを守ろうと必死のあまり視野が狭いきらいがある。

上の娘は留学させたが、下の娘の教育に手を焼いている。

聖獣が誘拐された際、うっかりルーデウスを犯人だと誤解して投獄。

誤解が解けた後もルーデウスに対してぶしつけな態度をとるが、村が再び襲われた際に救ってもらったことで心を入れ替え丁重に謝罪した。

ギレーヌ・デドルディア


ボレアス家でエリスの護衛兼お目付け役としてルーデウスとも深くかかわりのある人物。

浅黒でグラマーな容姿の美女ながら、全身筋肉でおおわれたようなバキバキのボディが特徴。

元冒険者パーティ「黒狼の牙」メンバーで剣神流「剣王」。

眼帯で塞いでいる右目は生まれつき魔力眼で、武器は剣神七本剣が一つ「平宗」。

由緒正しきドルディアの族長の一人娘だったものの、幼少期から悪童と呼ばれはみ出し者だったことから村を追われるように飛び出し、剣の道を極めたあと「黒狼の牙」に入り世界を回るが、解散後行き倒れているところボレアス家に拾われて現在に至ります。

そんな幼少期だったこともあり、仲間から腕は立つものの「筋肉ダルマ」とからかわれるほど読み書きも計算もできない脳筋だった。

ルーデウスがボレアス家の家庭教師として迎えられた頃から、エリスとともに読み書き、算術、魔術を習い、次第に変わっていった。

ちなみに黒狼の牙時代はリーダーだったパウロとは男女の仲だったらしい。

パウロは息子ルーデウスに、「ギレーヌは自分の女だから手を出すな」とありえない忠告をしている。

リニアーナ・デドルディア


ギュエスの娘で愛称はリニア。語尾に「ニャ」がつく猫耳美少女が彼女の特徴。

ラノア魔法大学特別生。ルーデウスの四学年上。

性格は根っからの楽天家で腕っぷしが自慢。攻撃魔法が得意。

喧嘩の腕は立つが考えが足らないところがあり、ドルディア族の将来を憂いた族長たちによって無理やり魔法大学に留学させられた経緯がある。

ドルディア族の正統な令嬢という身分や腕がたつのが災いし、ちやほやされたことでつけあがり、鼻にかけたやや高慢な態度が目立つ勘違いなおバカさん。

成り上がり志向で大学を牛耳ろうとするも、あるとき素行の悪さから痛い目を見ることに。

その後は少しおとなしくなるが、のしあがろうと常にチャンスをうかがっている。

同じくアドルディア族の令嬢プルセナとは幼なじみで仲の良い漫才コンビ。

新入生として入学してきたルーデウスに目を付けいじめにかかるもふたたび返り討ちに。

その後はルーデウスをボスと認め、プルセナとともにザノバやフィッツらと少し抜けた手下として動く。

卒業後は、まあ散々な目に遭い、奴隷にまで堕ちるが縁あってふたたびルーデウスのもとに。

ちなみに、のちにルーデウスの妾の座を狙っていることが発覚するとか。

ミニトーナ・デドルディア


ギュエスの次女(リニアの妹)。負けん気の強いお姫様タイプ。エリスが大好き。

奴隷組織にさらわれて監禁されていたところを、たまたま遭遇したデッドエンド(ルイジェルドとルーデウス)に救出されたことがきっかけ。

勘違いだがルーデウスの誘拐騒動で、ドルディアの村でエリスらがしばらく滞在したことで、自分の目的を認識する。

とはいえ、まだまだ身体も心も幼く、エリスらと別れの際には一悶着を起こすが、最後の日はかわいい一面を見せた。

後日談で、のちに鍛錬を積み立派なドルディアの戦士となるよう。

姉のリニアが族長候補から外れたため、幼なじみのテルセナと次期族長候補の筆頭となった。

プルセナ・アドルディア


アドルディア族長の娘。語尾に「なの」がつき、口癖が「ファックなの」な犬耳美少女が彼女の特徴。

ラノア魔法大学特別生。ルーデウスの四学年上。

彼女も族長ギュスターヴによりラノア魔法大学へ留学に出される。

性格はマイペースでやや自己中な不思議少女。お肉大好き大食漢。お肉のためなら身体も売るお嬢様。

ドルディア族伝来の吠魔術と、持ち前の高い攻撃能力で喧嘩の強さには自信がある。

幼なじみのリニアとはいいコンビで、魔法大学に留学後はリニアと2人で学校を牛耳ろうとしていた。

つねにリニアと行動を共にしているせいで、ルーデウスに従うようになった経緯もリニアと同様。

魔法大学では治癒魔術を専攻し、支援系が得意。

ところが、リニアとちがい根は真面目だったことから魔法大学をなんと首席で卒業。

さらに卒業と同時に族長を賭けたリニアとの決闘に勝利し、帰郷後はドルディア族の族長を目指していた。

しかし、雨期の食料を盗み食いした罪で投獄され自ら道を踏み外してしまう。

たまたま聖獣レオの件で村を訪れたルーデウスとリニアの弁護で釈放されるも、族長の道は絶たれてしまう。

その後はシャリーアに戻り、ルーデウスの紹介でルード傭兵団に入り、凸凹コンビ復活でリニアとともにマイペースにゆるーくひた走る。

テルセナ・アドルディア


アドルディア族の族長の次女(プルセナの妹)。幼いながら巨乳の犬耳少女。

ミニトーナらと奴隷組織にさらわれ監禁されていたところを、デッドエンドに救出される。

幼なじみのミニトーナのいいサポート役としていいコンビだったが、彼女もまたエリスに触発された一人。

のちにドルディアの立派な戦士となるよう。次期族長候補。

まとめ:【無職転生】獣族(ドルディア族)を解説!ケモ耳(獣耳)種族のキャラや特徴など


今回は無職転生に登場する“獣族”に注目し、なかでもルーデウスらと深くかかわるドルディア族の種族や特徴など解説してみました。

戦士としては類まれな素質を持ちながら、性格や知性にやや難ありの個性的な面々。

“ケモ耳”ファンなら大注目の、異世界ファンタジー当作屈指の萌えキャラたちですよね♪

原作をまだ未読のかたは、一度ごらんになってはいかがでしょうか?

これからされるアニメ化では一体どんな活躍を見せてくれるのでしょうか!

乞うご期待♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする