ケツメイシ『さくら』のPVの女優ってだれ?令和版も

さくら舞い散る中に忘れた記憶と
君の声が戻ってくる
吹き止まない春の風 あの頃のままで
君が風に舞う髪かき分けた時の
淡い香り戻ってくる
二人約束した あの頃のままで

みなさんもご存知ですよね?

ケツメイシ『さくら』♪

春になると聞きたくなる色褪せない平成を代表する名曲のひとつ。

自分にとって、この曲って青春真っ只中の当時、がむしゃらに生きていた思い出が蘇るんですよね~。

多分この先も春が来る度に聞きたくなると思います。

そんな記憶を呼び起こしてくれる1曲♪

今回は久々に観たケツメイシ『さくら』のPVに出てた女優さんに注目してみます!

ケツメイシ『さくら』のPVに出てた女優

そのケツメイシ『さくら』のPVに出てた女優とは「鈴木えみ」さんです。
この曲が出た当時(2005年)「(PVの女優)誰これ?めちゃくちゃかわいい!!」って思ったのを思い出しますが、今見てもやっぱり「この子めっちゃ!!かわいいやん」って思いました。

まずはプロフィールから

鈴木えみ プロフィール

鈴木 えみ(すずき えみ、1985年9月13日生まれ)は、日本のファッションモデル、投資家、実業家。
愛称は、えみちぃ。 スターダストプロモーション所属。
中学2年生だった1999年の夏、友人の薦めで『Seventeen』の「ミスセブンティーンオーディション」を受け、同誌の専属モデルとしてデビュー。
概要
『Seventeen』で活躍後、『PINKY』の専属モデルとして活動。『PINKY』の発売終了後も、『MORE』『Sweet』など、様々な女性ファッション誌やビューティ誌で見かけないことはないほどの人気モデルとなっている。
モデル以外の活動としては、2006年から女優としてテレビドラマ『ギャルサー』や『嫌われ松子の一生』など出演。
また沖樹莉亜とのユニット「ジュエミリア」として歌手デビューも果たしている。
2013年2月14日に、1つ上の男性と入籍したことを自身のブログで15日発表した。同年4月20日に、妊娠4か月を発表。10月7日に女児出産。鈴木 えみ – Wikipediaより

鈴木えみ 現在は?

デビュー当時から一躍話題となり、活躍が目覚ましかった彼女ですが、今でも雑誌「MAQUIA」「MORE」「sweet」「美人百花」などモデルを現役でするなど、芸能活動はされています。

スターダストプロモーション 鈴木えみ公式
Little Bit – 鈴木 えみ オフィシャルブログ
鈴木えみInstagram

ケツメイシ/「さくら」(平成版)


なんと!?2021年(令和版)もリニューアルで新女優に!

ケツメイシ / 「さくら」令和版(2021年 ver.)

この女優さんの名前は、久間田琳加(くまだりんか)さん

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿


今回のPVでは久間田琳加さんと相手役に伊藤あさひさんが出演し、新たなストーリーが描かれているようです。
平成版の鈴木えみさんとはまた違う魅力的な美少女ですね♪

久間田琳加プロフィール(簡単に)

名前:久間田琳加(くまだりんか)

愛称:りんか、りんくま、くまちゃん

生年月日:2001年2月23日(19歳 2020年5月)

出身地:東京都

血液型:AB型

趣味:ショッピング、少女漫画を読むこと

特技:クラシックバレエ、体操、バランス

生まれてすぐ父親の仕事の都合でフランスに移住、1~6歳までリヨンで暮らしていた。

3歳からクラシックバレエを習い、小学5年生くらいまではバレリーナ志望だった。

小学6年生の時に同誌専属モデルオーディション「第16回ニコラモデルオーディション」を受け、見事グランプリの5人に選ばれる。

2015年、GYAO!で配信されたドラマ『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』で女優デビュー。
2017年、映画『ミックス。』に出演

モデルとしては『ニコラ』卒業後、Seventeen専属モデルに加入。

「第25回 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN / WINTER」に初出演。

テレビでは「ワイドナショー」に不定期出演。

今、ティーンに大人気のモデルとしてTVやラジオ、映画にも活躍の場を広げている注目新人。

久間田琳加wiki

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

久間田琳加(@rinka_kumada0223)がシェアした投稿


まとめ

いかがでした?平成版とまた違う物語なのですが、バックに流れる音楽『さくら』がまた感動とやる気を呼び起してくれます!

令和版と平成版PVを見比べて、思いを馳せながら合わせて観てみるのもまた一興ではないでしょうか・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする