【呪術廻戦】夏油傑の死亡した理由やシーンは?何巻?偽夏油とは

今回は呪術廻戦の呪詛師・夏油傑が死亡したのはいつか、そしてそのシーンは何巻で描かれているのかをまとめていきます。

また、死んだ理由についても紹介していきます。

現在作中に登場する夏油傑はいったいだれなのか?

死亡したのはうそ?それとも生き返った?

【呪術廻戦】夏油傑が死亡したのはいつ?描かれるのは何巻?

作中で夏油傑が死亡したのは、「百鬼夜行」を起こした2017年12月24日で、最後は五条悟の手によって殺害されました。

もともと呪術高専の呪術師だった夏油傑ですが、過去のとある事件をきっかけに呪詛師となり呪術界から追われ、討伐対象の身となっていました。

とはいえ五条にとってはかつての親友でした。

「百鬼夜行」決行で都市に大量の呪霊を放ち、迎え撃つ呪術師たちと大規模な戦闘を繰り広げます。

夏油はある目的で乙骨に襲い掛かりますが、乙骨の覚醒と全開放のリカによってこれを退け計画は失敗に終わります。

最後は現れた五条悟によってとどめを刺されるのですが、劇場版でも好評だった切ないシーンがあります。

つまり、コミックスだと呪術廻戦0巻の最後の方で夏油傑は既に死んでいるのです。

呪詛師とは?なぜ五条悟が夏油傑を殺したのか?

呪術師にとって、呪詛師とは忌むべき処刑対象です。

五条悟が夏油傑を殺した理由は、夏油が呪詛師だからです。

呪術師は呪力を使って呪いや呪霊から人を守るのに対し、呪詛師は呪力を使って呪術師や人に害を及ぼします。

そのため呪術師の五条悟にとって、呪詛師である夏油は処罰の対象。

ただ、過去に親友だった2人の関係を考えると、五条悟の心中は心苦しいものだったと思います。

【呪術廻戦】夏油傑とはどんな人物?

特級の名を冠した強力な呪詛師。

夏油傑は、呪術師の最高ランク「特級」に属する4名の内の1人で、呪霊を操る術式「呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)」を使うことができ、その強さは特級呪霊すらも使役できるほど強力な呪詛師です。

かつては呪術高専で五条悟と共に学び、お互い親友同士だった夏油傑。

真面目な性格もあって呪術師として才を磨き、日本で4人しかいないとされる特級呪術師の一人となります。

特級呪術師として、非術師(民間人)を守ることを使命とし理想高く任務に励んでいました。

ところが、その一方で日に日に募る理想と現実とのギャップに、徐々に思想をゆがめていきます。

夏油は百鬼夜行の首謀者


いつしか彼の理想は「呪術師だけの世界を作る」ことに目的が変わり、力を蓄え仲間を増やし10年もの歳月をかけて機を決行するのです。

それが12月24日に東京(新宿)と京都で起こした「百鬼夜行」です。

いわば呪詛師一派のテロ活動で、呪術高専のある2つの都市に大量の呪霊を放ち邪魔な呪術師を殲滅していくというもの。

さらに、夏油のもう一つの目的が前から目を付けていた乙骨の力、特級過呪怨霊(とっきゅうかじゅおんりょう)の折本里香を自身の呪霊操術で奪うことでした。

【呪術廻戦】現在の夏油傑は偽物?正体は誰?

現在、作中で登場する夏油は身体をある存在に乗っ取られた偽物です。

そのためわかりやすく「偽夏油」と呼ばれています。

明らかな違いは見た目にあり、額に傷(縫い目)があるのが偽物です。

上記のとおり、本物の夏油傑は、「百鬼夜行」時に五条の手によって死亡しています。

ちょっと恐ろしいですが、現在の夏油はある存在によって死後、術式によって脳を入れ替えられ、肉体を乗っ取られている状態なのです。

その“ある存在”とは羂索(けんじゃく)という古来より依り代として肉体を次々に取り換え生き永らえてきた呪霊です。

肉体を乗っ取られているため、偽物の夏油は肉体に刻まれた呪霊操術を使うことが可能です。

まとめ

今回は呪術廻戦の呪詛師・夏油傑が死亡したのはいつか、そして死亡理由やそのシーンが何巻で描かれているのかをまとめてみました。

・百鬼夜行で乙骨との死闘のあと五条の手によって殺される
・死亡したのは2017年12月24日
・原作で描かれるのは0巻または劇場版『呪術廻戦0』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする