【薬屋のひとりごと】アニメ1期は原作(小説・漫画)何巻までの内容なの?2期はどう?

<PR>当ブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。

ファン待望のアニメ化で注目をあつめる後宮ミステリー作品『薬屋のひとりごと』。

2023年10月より放送が開始したアニメ1期について、

・原作のどのあたりまで放送されるのか?
・小説や漫画(2種類)で何巻になるのか?

を考察します。

2023年秋アニメのなかで、やや遅れての開始にもかかわらず、いきなり初回で一挙3話放送の大盤振る舞い♪

しかも、終始気合いの入った美しい映像と高いクオリティで、視聴者の心をガッツリつかみ、幸先いい好スタートをきっています。

このまま息切れせずラストまで突っ走ってほしいところですが、1期はどこまでの内容を予定しているのでしょうか?

【薬屋のひとりごと】アニメ1期は2クール放送!

事前の公式発表では、今期(1期)放送は2クールでの構成となっているようです。

おそらく前半クール(12話程度)+後半クール(12話程度)の2部構成で全24話ほどでしょう。

初回(1~3話)の内容から考えて、各クールのラストにそれぞれクライマックスとなる大きなヤマ場エピソードを持ってくることが予想できます。

この作品のジャンルは、次々と巻き起こる難事件を主人公が解明していくという「謎解き」もの。

いくつも張られた今後につながる伏線やヒント、そして丁寧に描かれる事件の背景がとても重要になってきますので、オリジナルシーンは入れても大幅な内容の改変は、まずできないでしょう。

となると、原作どおりの制作進行なら「このあたりまででは?」となんとなく予想できます。

【薬屋のひとりごと】アニメ1期は原作小説のどこまで(何巻)?予想

では、アニメ1期はどこまでが描かれるのでしょうか?予想してみます。

小説(ヒーロー文庫)なら2巻までの内容か?

原作どおりの進行とするなら、おそらく小説2巻までの内容が、おさまるボリュームとしてちょうどいいように感じます。

小説2巻のラストは、ある感動エピソードとなっていますので、1期を締めくくるラストを飾るにふさわしい内容でしょう。

とてもきれいな終わり方ができるはずです。

というか、ここ以外考えられなくないですか?

あのSNSでも話題になった「下賜(かし)」エピソードに匹敵する当作屈指の感動エピソードなんですよね~♪

追記情報:「薬屋のひとりごと」1期後半(第2クール)はどこから?

前半(第1クール)最終話が放送され、次回13話目の予告PVが公開されました。

PVの内容から、解雇後に壬氏に身請けされ、ふたたび後宮(外廷勤務)入りとなった猫猫が、難事件に挑んでいくようすや、あらたな人物の登場を予感させる予告となっています。

1期後半クールの内容を軽くふれると、壬猫コンビの進展や巻き起こる騒動、そしてある人物の「身請け」のエピソードをラストにもってくるようですね。

この「身請け」のエピソードのラストで、猫猫が見送りの舞を踊るシーンがあるのですが、下の公式PVの映像でもそのシーンと思われる映像があるため、ほぼ間違いないでしょう。


TVアニメ『薬屋のひとりごと』プロジェクトPV

出だしの幽霊騒動からはじまって、おしろい事件や園遊会、暗殺未遂事件と、見どころとなるヤマ場のエピソードが目白押し。

あの有名なシーン(「これ、毒です」)ももちろん見れますよ♪

ですので、話が進むにつれて気が付けば世界観にどっぷりハマッてるなんてことも♪

たった2巻分とはいえ、内容も見せ場も盛りだくさんなので、尺不足で中盤やや駆け足となりそうな予感もするくらいで、まとめかたにぜひ期待したいところですね。

製作スタッフ陣は相当大変でしょうが、うまく仕上げてくれるはずと楽しみにしています。

1期の内容は漫画なら何巻まで?

では次に、現在連載されている漫画(単行本)では何巻までとなるのでしょうか?

ちなみに、当作品はめずらしく原作をもとにした漫画(単行本)が2種類(サンデー版・ガンガン版)連載されています。

どちらも内容は原作にほぼ忠実に、それぞれの特徴を生かした表現で描かれています。

どちらを読むかは好みで分かれるようですが、可能なら両方読まれることをおすすめします!

先ほど予想した小説2巻までの内容なら、

サンデー版:『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』は、8巻(30話)まで

ガンガン版:『薬屋のひとりごと』は、8巻(40話)まで

【薬屋のひとりごと】アニメ2期(続編)放送は確実か!?

あくまで個人的見解ですが、放送開始後のSNSなどの盛り上がりぶりからみても、続編(アニメ2期)の可能性はほぼ確実だと予想します。

作品の人気で言うと、原作(小説)、漫画あわせて2023年(9月)時点で全シリーズ累計2400万部を突破する作品でもあり、今回ファン待望の満を辞してのアニメ化決定ということもあり、1期で終了とは、よほど製作側に不測の事態でもない限り、まずありえないでしょう。

ましてや、原作(小説)はすでに14巻まで刊行されていて、ストックは十分ですし現在もまだ連載中で、アニメ化で人気はもっと加速するでしょう。

回収されてない伏線も多いですし、壬氏さまの正体もまだ明らかにされていませんしね。

どうしても先に知りたいかたはこちらをどうぞ

↓ネタバレです(要注意!)↓

まとめ:【薬屋のひとりごと】アニメ1期は原作(小説・漫画)何巻まで?

今回は「薬屋のひとりごと」アニメ1期は原作のどこまで放送されるのか?について、予想してみました。

今期は2クール(全24話前後)予定ですが、予想通りの映像化となるのか?

また、漫画でどこまで予習しとけばいいの?については、原作(小説)2巻までの内容なら

・サンデー版:『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』は、8巻(30話)まで。

・ガンガン版:『薬屋のひとりごと』は、8巻(40話)まで。

これはもう、最後完結まで見逃せませんね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする